« 山おたくの法則-「切腹」に処す | トップページ | コケモモに助けられた北横岳 »

2004.09.13

秋の足音?金時山

久しぶりの日曜日の晴天に金時山に登ってきました。天気は最高だったにもかかわらず、もやがかかって芦ノ湖がかすんで見える程度。大展望とは行かなく残念でしたが、近づいてきた秋の足音を感じられた1日でした。

山行日:平成16年9月12日(日)
天  気:晴れ
山  域:箱根
コ ー ス:
公時神社(11:15)…矢倉沢峠(11:45 12:00)…金時山(12:40 14:00)…公時神社(14:40) 

立ち寄り湯:御殿場市温泉会館
駐車スペース:あり トイレあり 水なし

 今回は、南アルプスの展望を狙いに金時山に登ったのですが、山頂から見たくないと言っても見えてしまう、あの富士山が見えない状況。やっぱり『ラストサムライ』の罰があったかなとがっかりする。
が、次の瞬間、「あっ!トリカブトだ」という他の登山客の声。見るとトリカブトが咲いているではないですか。金時山の山頂にトリカブトがあるなんて全く考えもしませんでした。

04091213160132.jpeg

「秋がやってきたなぁ」と1人しみじみとしていると、今度はトンボが目の前に。「すっかり秋だなぁ」と…。

04091213500135.jpeg

ところが、頂上で半袖姿で昼寝していたせいで、気が付くと私の両腕は真っ赤に。紫外線に弱い体質なので夏山ではUVカットで防備していたのですが、「どうせ秋だから」なんて油断していたのが完全な間違いでした。

というわけで、半分夏の名残が残っていた金時山でした。(ちなみに山頂の岩の上の温度は30度でした。)

|

« 山おたくの法則-「切腹」に処す | トップページ | コケモモに助けられた北横岳 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の足音?金時山:

« 山おたくの法則-「切腹」に処す | トップページ | コケモモに助けられた北横岳 »