« 富士山の五合目まで-後日談 | トップページ | 冬へ突入12月 »

2004.11.28

山に入るきっかけ

山おたくの法則#8
「山に入るきっかけは、案外みんな適当」

cocologを見ていたら、
山に行こう。』というブログに、「私が山に登るきっかけは『適当な動機だった』」と…。

…う~ん。そういえば、私もかなりいい加減に山の世界に入ったなぁ。

私が、山の世界に入ったきっかけは、

高校に入って、何か面白い部活がないかなぁ~と探していたところ、
友達から、「アウトドアの部活があるよ」と誘われたのがきっかけです。
アウトドアの活動と言えば「ボーイスカウト」、か、当時、中高年の間で流行し始めた「お手軽ハイキング」。
頭の中にはそれしかなく、アウトドアで遊ぶのもいいだろうと思い、早速入部しました。

が、現実は…

新入部員歓迎ハイクの乾徳山の鎖場で、落ちそうになり…
釜無川東沢では、肩までの渡渉で、流されそうになったり…
白馬の不帰キレットでは、共同装備テント×2コを持たされ、意識が朦朧となったり…

とても「ボーイスカウト」「お手軽ハイキング」とは、ほど遠い世界を体験することとなりました。
(これをワンダーフォーゲル部(別名 山岳部?)という)

普通なら「騙された!!辞める!!」ですが、
気が付くと、山中毒になっていました。
どうしてなんでしょう??

「山」との出会いがなければ、全然違う人生を歩んでいたなと…。そんなふうに思っています。

|

« 富士山の五合目まで-後日談 | トップページ | 冬へ突入12月 »

アウトドア」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

こちらの方こそ、山登りの原点を思い出させていただきありがとうございます。最初から100名山のような厳しい山だけを目指して歩いていたら挫折いたでしょうね。
良い山の師匠に出会ったとつくづく感じています。

山小屋や山頂でいろんな人と歓談したり、感動を伝えたり、そんな時間を共有することで、少しずつもらっている何かが、今の私を創っているだなぁと思う、それが、「全然違った人生を~」なのです。
私も、山と長くつき合って行きたいと思っています。

投稿: YOSHI !! | 2004.12.04 23:44

トラックバックありがとうございます。

「山に入るきっかけは、案外みんな適当」なんですね。
たしかに、最初から強い意気込みではじめたら途中で挫折しや酸そうな感じがします。「100名山制覇!」とか始める前から思ってたら、一つ目でだめだこりゃ、とか思っちゃいそうです。好きになってからならいいと思いますが。

私は、人生変わっただろうなと思うほどは登ってませんが、これからも細く長く続けていけたらいいなと思っています。


投稿: schalk | 2004.11.28 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山に入るきっかけ:

» アウトドア! [Earth-Mart Cafe]
私は、アウトドア派です。って、言っても、単にインドア派ではないというだけ。以前は毎週、六甲山系を歩いていましたが、今は外でてくてく歩いたり、たまに釣りを楽しむ程度。それで [続きを読む]

受信: 2005.07.10 15:20

« 富士山の五合目まで-後日談 | トップページ | 冬へ突入12月 »