« 山を繋いで…難関区間!松本越え(美ヶ原車道登り)(本州縦断#31) | トップページ | 上高地への道 復旧 »

2005.07.24

掘り出し登山道・見つけた!…美ヶ原~霧ヶ峰(本州縦断#32)

霧ヶ峰と美ヶ原を繋ぐビーナスラインの横の登山道。車の音やバイクの音がうるさいだけの道かと思いきや、これがなかなか。
掘り出し物(道)・見つけた!
自然たっぷりの素晴らしい道でした。

『山を繋いで…難関区間!松本越え(本州縦断#31)』の続きです。

山行日:平成17年7月16日(土)
天  気:曇り一時雨
山  域:美ヶ原・霧ヶ峰
コ ー ス:扉峠(10:00)…三峰山(11:20 11:45)…和田峠(13:15 13:30)…鷲ガ峰(14:30 15:00)…八島湿原(15:20)
立ち寄り湯:片倉館

三城バス停からバスに乗り、扉山荘バス停で下車。下りるとき、バスの運転手に「扉山荘だけど間違いない?」と念を押される。

今日何度目かの、不審者扱い!
もう慣れましたけど。(笑)

扉峠からビーナスラインを霧ヶ峰方面に進む。橋を渡ってすぐに登山道入り口…。指導標の先は。04

草ボウボウ!
…これは先が思いやられる。

(左の板が指導標です)

 

 

 

 

 

 

しかし、この道、意外と面白い。人が歩いていないだけに「自然」が戻っているような道。林の中を踏み跡が続くが、道が分からないと言うことがなくどんどん進む。05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく林の中を進むと、笹原に出る。右下にビーナスラインが見えて、案外高いところまで登ってきたと実感。ここから爽やかな笹原が続く。天気は今にも雨が降りそうだが底抜けに楽しい。

扉峠から1時間ちょっとで三峰山に到着。雲が低くたれ込めているせいで、美ヶ原方面は美ヶ原の山頂部、霧ヶ峰方面は車山の山頂が霞んで見える程度。

しかし、遮るものが360度、何もない笹原の山頂。
晴れていれば、絶対最高の展望台!!これは再訪しなければ。

07

山頂からビーナスラインの三峰展望台パーキング分岐までの間は登山道はしっかりしているので、安心してぐんぐん進む。この分岐を過ぎると低い灌木帯の道となり、笹の中に道が隠れ不明瞭になる。ズミの木やツツジの木を見ながらゆるゆると下りきると和田峠に到着。

和田峠は広いところで、「国史跡 歴史の道 中山道」の立派な碑が立っている上にあちらこちらに「中山道」の指導標や説明版。が、「←扉峠」の指導標はあるにもかかわらず、肝心の「霧ヶ峰→」の指導標はここにはすっかり途絶えてしまった。

「まぁ、霧ヶ峰は南に一直線だからこの道だな」と言って「←送電線巡視路 中部電力→」の標識に従ってまっすぐ小ピークに登る。
しかし、これが大きな間違い。ピークを登り切ると笹原の中で道は途切れた。
「さて、どうしようか?とりあえず、何か向こうの山に指導標が見えるし、ここの下りもなんとなく下った跡はあるし、とにかく直進してみよう。」と、判断。
ここで戻ればいいものを、膝まである笹の中に突入。しかし、

判断は間違った!
下った跡はすぐに消え、

膝上~腰の笹の中を強引に下る。

これは参ったな。と思っていたところに、

空から大粒の雨。

こんな笹藪の中でザックの奥から雨具を出すわけにもならない。「泣きっ面に蜂」とはこのこと。とりあえず下まで下れば、雨具を出せると期待を寄せてとにかく下る。

傾斜が緩やかになり、笹原が終了。と思って飛び出したところは、

大きな谷!!

なんと国道の和田峠のトンネルの上は大きな掘割になっていたのです。
急斜面で向こう岸に渡れず、しばらく唖然とする。

が、とにかくここを回り道ということで左にひたすらビーナスラインを目指して藪の中を進む。しばらくしてやっと和田峠のパーキングに到着。雨と笹に着いた雨粒でびしょぬれ。時間をロスしたと言うよりも、濡れまくった不快感に完全にまいってしまった。
(正解は、和田峠で中山道を左に下りるそうです)

和田峠から八島湿原行きの臨時シャトルバスがあり、ついつい誘惑に負けそうになるが、

「オレは繋ぐんだ」と言う堅い意志(?)

で、雑念を振り切り、鷲ガ峰に進む。

和田峠から鷲ガ峰までの稜線は、今までの道に比べ歩きやすい上、あれほど降っていた雨も止み、思ったより快適な道であった。三峰山の先から所々に見えていたニッコウキスゲが鷲ガ峰に近づくにつれ、どんどん増えていく。

ビーナスラインの車の音が聞こえなくなり、急な登りを登り切ると鷲ガ峰山頂に到着。雲が切れてきて遠くに蓼科山がうっすらと見え始める。松本駅からの長かった1日も後は下るだけ。

感想…もうこんなバカ歩きはしたくない。

しかし、こんな充実感がない山行が最後に素晴らしいプレゼントを与えてくれた。
山頂をゆっくりと下りると、

そこはニッコウキスゲの海。山吹色の花々がゆっくりと流れる風に揺られる様に、なんとも言えない感動に包まれながら八島湿原に降りた。
(今年は、ニッコウキスゲが大当たりの年だそうです)

06

|

« 山を繋いで…難関区間!松本越え(美ヶ原車道登り)(本州縦断#31) | トップページ | 上高地への道 復旧 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掘り出し登山道・見つけた!…美ヶ原~霧ヶ峰(本州縦断#32):

« 山を繋いで…難関区間!松本越え(美ヶ原車道登り)(本州縦断#31) | トップページ | 上高地への道 復旧 »