« 船窪小屋から烏帽子小屋 | トップページ | 三俣山荘から新穂高温泉 »

2006.09.19

烏帽子小屋から三俣山荘

縦走4日目

天気予報は台風接近を告げているが、天気に影響するのは明後日から。今日も朝から最高の天気。山に入る前は、「多分、体力的にここまでしか行けないだろう。」と思っていたが、入ってしまうと「体力十分。気力満タン。」になってしまうのは、なぜだろう?
今日からは裏銀座へと進む。
烏帽子小屋で、一緒に稜線を越えてきた、素晴らしい山人達と名残惜しくも「さよなら」。いつかまた山でお会いしましょう。

さて、烏帽子小屋から三ツ岳へ向かうとすぐに森林限界を超える。昨日までと、うって変わって伸びやかな尾根を見渡す限りの名山の中、快調に歩く。歩きながら思わず口に出た「すごい贅沢」。

Dsc_01680001  

 

 

 

 

 

ここを初めて歩いたのは、山を初めて2年目の高校2年の夏。あの時も今回のように快晴で見渡す限りの大展望だったはずなのに、K2の記憶の中には、「死にそう。早く下りて、チョコパフェ食べたい!!」しか残っていない。「贅沢な」稜線なのに…。

と、古い話を思い出しながら♪気分で歩いていると、野口五郎小屋の先で、一昨日、昨日と一緒の行程を歩いて来た福岡大学ワンダーフォーゲル部に追いつく。彼らは、この後湯俣に一旦下りて、新規メンバー&食料を補給して、この稜線に登り返し、槍・穂高へ向かうとのこと。彼らの夏合宿が完遂するよう心でエールを送った。

まもなく野口五郎岳山頂到着。

Dsc_01790001

 

 

 

 

 

どこまでも続く青い空に、槍が強烈に天をさしていた。あまりの素晴らしさに、それ以上、語る言葉はなし。
山頂で「贅沢な時間」を過ごし、裏銀座を水晶小屋へと向かう。

Dsc_01860001

 

 

 

 

 

 

(野口五郎岳山頂から行く方を望む)

左手には槍ガ岳方面、右手には奥黒部の山々とゴージャスなルートを満喫。本当に「銀座」だなとつくづく感じる。

水晶小屋からは岩苔乗越に向かい、黒部源流へと下りる。何度も登っている鷲羽岳より、いったい黒部川の源流はどんなところだろうという気持ちが強く、ちょっと寄り道をすることにした。

Dsc_02000001  

 

 

 

 

 

黒部五郎岳を目の前にぐんぐん源流へと下りていくと、花畑の中の登山道。

Dsc_02070001 

 

 

 

 

 

その中の水流が段々と大きくなって勢いよく下っていく。黒部渓谷のダイナミックさとはまた違う自然のダイナミックさ。「源流」とはこういうものだと見せつけられた。
機会があれば雲ノ平から周回でのんびり味わいたい。そんな気分にさせられた。

今日は、双六小屋まで行こうと思ったが、三俣蓮華岳への登りで足が動かなくなり、三俣山荘に引き返して行動終了。
「台風の影響が出てきそうな明日、下山地の新穂高温泉まで距離が長くなってしまった。どうしよう。」と他の登山者と談笑しながら、小屋のベンチで贅沢な展望をつまみにビールという、贅沢な一時をまたもや味わったのであった。

<コースタイム>
8/16 烏帽子小屋(5:30)…野口五郎岳(8:15 8:45)…水晶小屋(11:25 11:45)…岩苔乗越(12:05 12:10)…雲ノ平分岐(12:55 13:00)…三俣山荘(13:30)

|

« 船窪小屋から烏帽子小屋 | トップページ | 三俣山荘から新穂高温泉 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烏帽子小屋から三俣山荘:

« 船窪小屋から烏帽子小屋 | トップページ | 三俣山荘から新穂高温泉 »