カテゴリー「携帯・デジカメ」の1件の記事

2004.10.24

望む!山用デジカメ

山おたくの法則#6
「地図を忘れることはあっても、カメラを忘れることはない。」

東京ビックサイトで開催されていた 『WPC EXPO2004』に行ってきました。
04102312530145.jpeg

この展示会は最新のパソコンや周辺機器などのデジタル機器の展示会ですが、もちろん「山心」を忘れてはいません。

今回は、「山で使えるデジカメ」を探してきました。
(以下、展示会の寸劇風プレゼンの感じでお読みください)

説明員C(メーカー担当)
デジカメを登山などのアウトドアで活用しているユーザーが多いので、こんな製品を発売しました。

新製品 デジタルカメラ Fuji-Yama(仮称)
とある山頂で…
登山者A(初心者)
「あの山なんて言う山?」
登山者B(リーダー)
「分からないなぁ!困ったなぁ!」
説明員C(メーカー担当)
「そんな時はこの 『Fuji-Yama』。
撮った写真をカメラの液晶画面に表示させ「山名表示」を選択すると…。
なんと山の名前が出てきます。
さらに「詳細」を選択すると、その山までの距離と説明が出てきます。」
登山者B
「山名表示」にセットして…「富士山だって。ここから200Kmも離れているんだって、すごいねぇ!」

新製品 デジタルカメラ Koma-Kusa(仮称)
とあるお花畑で…
登山者A
「この花な~ぁに?」
登山者B
「分からないなぁ!困ったなぁ!」
説明員C
「そんな時はこの 『Koma-Kusa』。
撮った写真をカメラの液晶画面に表示させ「植物名前表示」を選択すると…。
アッという間に高山植物の名前が出てきます。
さらに「詳細」を選択すると、その植物の咲く時期などの説明が出てきます。」 
登山者B
「植物名前表示」にセットして…「コマクサだって。普通は砂礫地に咲くんだって。めずらしいよね!」

説明員C
「もちろん 『Fuji-Yama』・『Koma-Kusa』 ともに太陽電池を標準装備。
2時間太陽に当てて充電すれば、なんと500枚撮れます。
これで山の中で電池が切れても大丈夫!」

A・B・C(一緒に)
「まさに、強面の『山おたく』も納得の1品ですね!!」

…こんな山用デジカメ。さすがに、ありませんでした。
夢のデジカメは、また夢となりました。
メーカーさんの努力に期待したいところです。(笑)

(余談ですが、自動車業界は、昨年の東京モーターショーで「アウトドアでの車利用」と言うコンセプトで車を出展している会社がありましたが、PC業界は、「興味がない」という感じで、全く出展が無く残念。もっとがんばれPC業界!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)