カテゴリー「旅行・地域」の15件の記事

2008.09.16

2,652円の焼き鮭定食

今回の旅行の写真で、家族・友達に一番うけた写真。

Dsc_04380001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※1SFR≒102円(2008.8.11撮影日)

撮影場所:グリンデルワルト ホテルアイガー
(友達の感想:本当にスイス行ってきたの?)

今度スイスに行かれる方は、ぜひ参考になさってください…?

(今回のスイス旅行のrepこれで終了。山blogに戻ります!?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.14

スイスの車窓から

『4大名峰と3大特急の旅』

3大特急からの車窓です。

【ゴールデンパス・ライン パノラマ特急】
乗車区間:モントルー~ツヴァイジンメン
いかにもスイスらしい長閑な風景が気に入りました。
(グシュタード付近)

Dsc_01730001 

 

 

 

 

 

【氷河特急】
乗車区間:ツェルマット~サンモリッツ
後半のアンデルマットからサンモリッツの間が圧巻。
荒々しいスイスの山岳地域の風景が気に入りました。
(ランドヴァッサー橋)

Dsc_05980001

 

 

 

 

 

 

【ベルニナ特急】
乗車区間:サンモリッツ~ティラノ(往復)
自然に逆らわない鉄道の美的調和が気に入りました。
(ブルジオ駅近くのループ橋)
Dsc_07160001  

 

 

 

 

 

 

さすが鉄道王国スイス
車窓も車両もGOODでした。
東アジアの鉄道王国も頑張っていきましょう。JRグループさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.08

ラスト紅葉

今年の紅葉狩りラストを飾るのは、京都。
山でないのになぜ?ですが、なぜなんでしょう?
今年の秋の終わりは京都で紅葉!
いつの間にか心に決めていました。

濃い紅葉がこんなにあるなんて、さすがです。
まさに 「日本の秋、凝縮」
感動は、あのCMを超えました。

(12月1日~2日撮影)

Dsc_06790001  

 

 

 

 

 

 

Dsc_08460001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.10

奥入瀬に叱られてきました

石割山から1週間後の5/27 奥入瀬に行って来ました。

奥入瀬渓流…
ごめんなさい。横浜のK2は、あまりに山を知らなすぎました。
「美」を超越した美しさに、2週間経った今でも混乱状態です。

ただ言えることは、
「何年、山やっているんだよ!自分勝手に山登りして、このボケ!!」
と奥入瀬に叱られたこと。
もっと山に向き合わないと、と反省しています。

ささやかな写真で、混乱していく状況を説明…

東京駅から夜行バスで青森駅へ。青森駅から十和田湖行きのJRバスに乗り、焼山で下車。車道を少し歩き奥入瀬渓流館の脇から奥入瀬渓流に入りました。
(歩いたコースは、十和田市奥入瀬渓流ガイドブックのコースです。)

Epson005_1   

 

 

 

-紫明渓付近-
新緑が素晴らしいな。北の山って緑が濃くてすごい。
水の色まで新緑色。(正常反応)

Epson007  

 

 

 

-石ヶ戸付近?-
水が絹のよう。美しい…。(心が透き通る)

Epson008

 

 

 

 

-どこだろここ?混乱状態-
あぁ…。(脳天に突き抜けた瞬間)

Epson010 

 

 

 

-銚子大滝-
絶句。(もはやオーバーヒート)

 Epson011

 

 

 

 

-子の口-
解放。

Epson012_1 

 

 

 

十和田湖畔のスワンボートを見て、正気に戻る。

いやぁ。自然ってなんて素晴らしいのでしょうか。
奥入瀬と出会えて本当に嬉しいです。

関連の記事>奥入瀬渓谷散策中継

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.26

上高地への道 復旧

上高地への通常ルートが復旧するそうです。
思ったより早い復旧。地元の人に感謝。

バスルートも通常どおりになります。
詳しくは
http://www.alpico.co.jp/mrc/info/restrictions/index.html

実は、復旧は秋過ぎになるだろうと思い
バスで白骨渓谷の紅葉を見ながら上高地入りする不謹慎な計画を
立てていた YOSHI !!であります。
(大変失礼しました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.23

山を繋いで…難関区間!松本越え(美ヶ原車道登り)(本州縦断#31)

山を繋いで本州縦断をするには、避けられない障害。

山の断線区間

本州のど真ん中は山が繋がっていないのです。
(塩尻峠付近は繋がっているけどルートが繋がらない)
思案の結果、松本盆地の縦断をすることとなりました。
今回は松本駅から美ヶ原の登山口、三城バス停まで、ひたすら車道を登りました。

もう2度とやりません。

一応コースタイム
山行日:平成17年7月15日(金)夜行~16日(土)
天  気:曇り
山  域:(松本盆地)
コ ー ス:松本駅(4:45)…薄川(金華橋)(5:30)…入山辺分岐(6:45 7:00)…石切場(8:20 8:40)…三城バス停(9:05)

松本「駅」スタート!『駅からハイクならぬ、駅から本州縦断』なんて響きが良いんだろう。

駅前のタクシー乗り場でタクシーの運転手が「美ヶ原まで行くなら乗らない?」と、甘い言葉をかける。
が、ここで誘惑に惑わされてはいけない。今日はひたすら車道を歩くのさ!
「美ヶ原まで歩いていきます!!」
気合いの入った一言で撃退する。

駅からひたすらまっすぐ、あがたの森公園を突っ切り、市街地を縫うように最短距離を東へ。と言うと格好が良いが、ザックを背負って「午前5時」に住宅地を嬉々として歩いているのは

不審者!

とうとう、神社の近くで、犬の散歩中のおじさんにつかまり尋問。
不審な目で「どこに行くの?」
嬉々とした目で「はい、美ヶ原まで歩いていきます」と応える。
呆れかえって「美しまで!…それは楽しみですね。」

こんなバカ世の中に居るんだと思われたに違いない。

住宅地を抜け、薄川をひたすら上流へ。
ひたすら上流へ。…長い。…長い。途中、不審者と思われ地元の車の運転手に人相をじっくりと見られたり、果樹園で農家の人に獣よけの仕掛けをならされたり…。
これも、本州縦断のためと思いながらも…。ちょっとくじける。

岸が狭ってやっと山麓の感じが出て来たと感じると、快適な(?)右岸の道も終了。橋のたもとで美ヶ原に向かう県道に接続。やっとここで半分。しかし、ここからは人家がすくないので不審者扱いされないで済むとほっと一息。

しばらくで入山辺の分岐の到着。やっとガードレールの隙間で朝食。

01

ここで左に曲がり石切場経由で三城に。登りは登りだけど車道だし急な道ではないだろうな。もう着いたも同然。なんて思って余裕の表情。

しかし、それは机上の空論。
ここからは登る登る。ひたすら登る。最初は足取りが軽かったが、あっという間に重くなる。
しばらく歩くと道路標識

15%の登り

1つだと思ったら、次も

15%の登り

その次も

15%の登り

…で、やっと気が付いた。
なんでこのルートを登りにしたんだろう!下りなら楽なのに!
時すでに遅し、15%の上り坂の連続。これも本州縦断の試練(!?)。
ひたすら耐え、飽き飽きしてきた頃、ようやくロッジが見え、石切場に到着。

感想…「もう絶対やんねぇぞ!!」

石切場からは緩い登り。ヘアピンカーブを過ぎるとすぐに下り道になり、案外楽に三城バス停に到着。本州縦断「最大の難関-松本盆地越え区間」半分終了となったのであった。(後の半分は、松本駅から西へ新島々駅まで。絶句)

02

ここから松本からのバスに乗り、
本日第2段として、扉峠から八島湿原までが待っているのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.09

続・続 上高地へのバス

3連休中のバスダイヤに注目。
と思っていたら、昨日、7月16日~復旧までのダイヤが発表されました。

http://www.alpico.co.jp/mrc/info/restrictions/index.html
ムーンライト信州号にも対応しています。

さらに上記HPによるとマイカー利用の場合、

7月16日以降の土曜日・日曜日・祝祭日には、乗鞍高原内「観光センター」発着の上高地方面バスを運行いたします。観光センターの駐車場は駐車料金無料でご利用いただけます。

とのこと。復旧後は、観光センター始発のバスはなくなるとのことですので行くときは、確認した方が良さそうですね。

で、三連休ですが…
観光客の少ない(だろう)上高地から登るか、混雑覚悟で他のところにするか悩ましいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.07

続・上高地へのバス

現在、臨時バスが乗鞍高原・白骨温泉経由で通っているそうです。

http://www.kamikochi.or.jp/tukoudome.htm 
http://www.alpico.co.jp/mrc/info/restrictions/index.html

にて、災害対応特別ダイヤが出ています。

ムーンライト信州号に接続するバスはないし、1日に6本だけというのはちょっと厳しい。
3連休のダイヤがどうなるか注目するところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.05

松本・新島々から上高地間バス運休

友達の友人から、「バスが通行止めなので、上高地行けなかった!」
と言う情報が入り、

早速、松本電鉄のホームページで確認。

7月1日午後、国道158号線松本市安曇(旧安曇村)沢渡地籍におきまして、土砂崩落が発生し、7月4日現在、同地籍で通行止めとなっています。(…)
7月4日現在、復旧の予定などは未定となっております。

そういえば、翌日の2日は新・釜トンネルの開通だったと思い、

上高地観光アソシエーションのホームページを見ると

本日(7月2日)正午に、新・釜トンネルは無事開通となりました。
ただ残念ながら、昨日の沢渡の土砂崩落により、予定していた式典セレモニーは中止となりました。

いろいろと噂のある、旧・釜トンネルの恨みかも…。

夏山シーズンを前に1日でも早い復旧をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.04

一足お先の桜満開

04355先週末、南伊豆で春を感じてきました。
一足お先のお花見もなかなか。
(といっても、ござ敷いて・ビール&一升瓶…というわけではなかったのですが)
春はもうすぐです。

しかし、この数時間後、東名高速で吹雪に遭うとは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)